花粉の次は黄砂の季節に悩みます

花粉が今年は例年より多いと予測され、花粉症の私は早めに耳鼻科にかかり、薬を処方してもらったおかげで、どうにか切り抜けました。

花粉症だと洗濯物やお布団も外に干せず、軟な自分の体質改善しか方法はないかと思いますが、体質改善はそう簡単に出来るものではありませんから、花粉症と上手に付き合って行くしかないです。

そう思っていた矢先、今度は黄砂が大量に降ってきました。
今日は特にすごい量らしく、いつも窓から見える山が黄砂でかすんで見えません。
当然、洗濯物は部屋の中です。

窓も開けられません。
車で出かけようと思えば、カーポートにも関わらず車に黄砂が積もっています。

鹿児島は灰が車に積もるという話を聞いたことがありましたが、こんな気持ちなのでしょうか。
むなしいです。
自然の驚異の前には、人間のチカラは無力に等しいですね。

ところで最近発見したのですが、花粉によるアレルギーと、もうひとつ出てきたようなのです。
タバコの煙です。
微粒子が花の粘膜を刺激するのか、副流煙を吸い込んでしまうと、くしゃみが止まらないのです。

最初は単なる思い過ごしかと思ったのですが、喫煙者の友人に頼んで、フーッと吹きかけてもらうと、出ました出ました、たくさんのくしゃみが。
友人の驚いて、さっさともみ消したものの、直ぐに煙が立ち消えるわけも無く、喫茶店内は私のくしゃみがしばらくBGMとなっていました。

この経験から、同じく喫煙者である旦那用に、インターネット電子タバコ通販でがっぽり購入しました。
これなら楽しみにしている夜行バスの車内でもマナー違反とはならないでしょう。

その前に、外国語対応のウェブサイトを探します。

»