子供の病気をよく観察し正しく判断すること

子供が休日や夜間に高熱が出た時にあわてて急患センターへ飛び込む前に、落ち着いて正しい状況判断をしましょう。
まずは子供がぐったりしていたり意識がもうろうとしている場合は別として、熱があってもよく眠っているようなら朝まで待った方がいい場合があります。

特に冬場の急患センターはインフルエンザ等のウイルス性の病気の患者が多く、かえって重大な病気をもらって帰ってきてしまう可能性があります。

また、待ち時間が長いと、せっかく眠っている子供を起こして疲れさせてしまいますので、迷ったときは電話で問い合わせて混み具合を確認しましょう。
センターによってはホームページ上で待ち人数をリアルタイムで更新している所もありますので確認してから出かけましょう。

日頃から健康に気を遣ってても、ウイルスって相当に強烈なんですね。
滅菌・殺菌とあらゆる関連商品も出てますが、身体の免疫力アップは必須ですね。
それにはやっぱり、健康的な食生活にあるのでしょう。

病気とは直接関係ないですが、子どもって、少々の発熱でも平気なんですよね。
ちょっとだるいという申告で、体温計は38度なんて、ざらにありますから、
彼らにとって37度台は、発熱のうちに入らないんじゃないかと錯覚するぐらいです。

大人だったら、あっと言う間に寝込んでしまう数値ですよね。

子どものもう一つの発熱要因はゲームです。
ゲームにお熱になって宿題がおざなりに、なんてことだけは避けていますが、ついつい一緒に。

都内の食肉卸・精肉専門店
高級牛肉は都内の食肉卸・精肉専門店へ
価値のある高級牛肉を安定して店舗に供給する精肉専門店の業務案内
meat-kimura.co.jp/
一度はご家族でご賞味下さい。業務用からのスタートですが個人宅へのセットもあります。

«
»