在職トレーニング

人間はいくつまで生きでも、生涯勉強すべきです。
学校から卒業した後勉強しない人間はたくさんいますが、実は就職後、よく働くためにトレーニングを受ける必要もあると思います。

学校での勉強は社会で応用する知識を学んで、大学に入学した後は好きな専門を選択して勉強できます。
しかし就職後の勉強は学校での勉強よりもっとねらいをつけます。
会社の発展のために、新入社員の研修をはじめ、社員に在職トレーニングチャンスを提供する会社が多いです。

21世紀に一番大切なのは人材だという言葉をよく耳にします。
人材は企業の基本だから、長期から見れば、人材資源を重視する企業は明るい未来があります。

社員を使うだけで、培養することを重視しない企業は競争力もだんだん弱くなると思います。
若い世代の海外離れ留学離れが顕著な今、積極的な国内研修を仕掛けるしかありません。

もしくは海外研修を昇進の条件とするなどの強硬策もありますが、果たして、本当に海外での研修が必要かどうかも、見直す時期にきているのかもしれません。
それはインターネットの発達から考えても、ローコストで海外情報は入手可能だからです。

グローバル企業ならば、海外派遣も当然かも知れませんが、国内が主要な市場とする事業所の場合は海外派遣は目的をしっかりと定めておきたいものです。
全ては市場に合わせた人材育成の戦略が大切ですね。

入ってよかったと思える会社
勤怠管理導入で残業も改善
余計な時間が大幅に減少するとスタッフの残業問題も回改善
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

«
»