新人の覚悟

新人として初めてある団体に入る時、いろいろ覚悟したほうがいいと思います。
例えば飲食店に入るとします。
新人なら店長や先輩たちの言うことを聞きます。

「これをやってください」と言われましたら、指示に従って完成したほうがいいです。
文句を言ったり抵抗したりしたら、自分に不利です。

また、新人は給料が一番安いのも当たり前のことです。
ほかの人より多く働いたのに給料が少ないことに不満を持ったら、仕事に影響を与えます。

実は、新人なので、仕事に慣れていなく、先輩たちは30分で終わる仕事に対して、新人は1時間かかってしまうかもしれません。
効率が低いので、給料が安いのも理解できるでしょう。

また、他人があまりやりたくない仕事、例えばトイレ掃除など、新人にやらせるのも当たり前のことでしょう。
新人がやらなくて、先輩がやるのがおかしいでしょう。

ただ、こうした根拠のない、伝統という「らしき言葉」で片付けられてしまう理不尽なしきたりは、企業というムラ社会には必ず存在します。
体育会系的ノリがまかり通り、それが出来れば優秀、出来なければダメというレッテルを簡単に張られる世界なのです。

そんなレッテルが、将来に響くという実しやかな都市伝説が社内に蔓延しているようであれば、もがいても無駄なんですよね。
さっさと転職するか、事業を起こすことが賢い選択ではないかと思います。

女性が頑張る会社は伸びる
就業管理の実態
勤務実績を本人が確認し上長が承認。労使間での合意も実現可能。
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

«
»