家庭教師の役割

現在中国では、家庭教師がますます流行するようになりました。
90年代、誰かが家庭教師を持っているなら、その子の成績が悪いと証明し、恥だと思われるものですが、現在になって、誰かが家庭教師を持っていないなら、それが珍しいことです。

多分生活レベルの上昇により、家庭教師への給料は負担にならないのはその原因の1つ。
それに、授業内容の繰り返しや、先に勉強するなど、いい成績が取れると、両親が考えているのでしょう。

しかし、それは本当に子供たちにいいのでしょうか?
家庭教師がいるから、学校の授業にそんなに力を入れなくてもいいと、甘く考えてしまう子もいると思います。

おかずばかり食べて、ご飯を食べたくないと同じことでしょう。

一方で、子どものテレビ視聴やインターネットからの影響も考える必要があります。
子供の時に毎日テレビを見て、それは視力に悪い影響があると言われました。
あまり長い時間にテレビを見ることが絶対に許可してくれませんでした。

大学に入学した後、勉強のためによくパソコンを使いました。
パソコンを使うと、テレビを見ると同じように放射を受けて、視力に影響して、近視を誘発する危険も大きいという話もあります。

ある調べによると、中国の近視の発病率は70%ほど高くて、完治もできません。
しかし、近視の症状は少しでも軽くなれます。

目が疲れたと感じたら、無理しなくて、少し休んで、目をマッサージしたり、遠いところの木や山を見たりして、目の疲れを緩和できます。
それに、毎日起床から寝るまで休憩なし目を使ったらよくないので、たまたま目を閉じて休んで、視力の回復にも役に立ちます。

«