日本語能力試験

近年韓国だけでなく、中国に日本語を勉強する人もますます多くなりました。
大学に日本語学科を設置することはよくありますが、日本語を教える高校も少なくないです。

中国と日本両国の付き合いは日々緊密になるとともに、日本からの音楽やドラマ、番組、漫画、アニメなどの文芸作品は中国に大きな人気があります。
特に日本の漫画はたくさんの若者に好まれます。

それに、両国の経済交流の要求に応じて、日本語がわかる人材への需要も多くなりました。
この背景のおかげで、日本語を勉強する人と日本語を教える学校両方も多くなりました。

日本語能力試験も中国で普及されました。
始めの頃日本語能力試験は毎年の12月の第一日曜日に行われて、2008年から要求に応じて毎年2回行われることになりました。

しかし、日本人の日本語の使い方も、若干ではありますが質が低下しつつあるようです。
特に若者の言葉使いの乱れは顕著と言われていますが、それは、親にも原因があるというのです。
ゆとり教育が主な要因なのかも知れませんが、はっきりとしたものは無いでしょう。

言葉使いの乱れは、信頼や信用の失墜に繋がることを教えることが出来ない親が急増しています。
親が子ども染みた言葉つかいをするため、子は善悪の判断なしにそのまま使ってしまうわけですよね。

何よりも品が問われる世の中で、稚拙な言葉使いは人間関係形成の上でも、支障をきたすのではないでしょうか。

忙しいのは本人が悪い?会社が悪い?
就業管理システムの料金体系
ベーシック型とスタンダード型で2000人までなら利用人数・利用拠点に制限なし
biz-work.jp/
関連:www.billingstar.biz

«
»