日中携帯電話の違い

中国の携帯電話は日本と同じように、電話をかけたり、メールを送ったり、写真を撮ったり、電卓で計算したりすることができますが、1つ大きな違いがあります。

日本の携帯電話は、同社ならショートメールができますが、他者の携帯にメールを送る時、メールアドレスを事前に教えてもらって、Eメールの形で送ります。
中国の携帯電話は、Eメールと関係ありません。

同社でも他社でも、電話番号がわかれば、メールできます。
わざわざメールアドレスを聞かなくても済みます。
すごく便利だと思います。

知り合いから聞いた話ですが、日本人が中国にいる時、中国人の友達に携帯のメールアドレスを聞きました。
結局教えてもらわなかったので、不満を感じたそうです。
日中携帯電話の違いがわかれば、このような不快な思いがないでしょう。

携帯電話を押し気味なのがスマートフォンですが、なぜ、ここまで急速に普及したかと言うと、ユーザーインターフェイスの改善の他には無いでしょう。
ボタンを押すのが面倒なんですよね、絶対に。

画面がタッチパネルというだけでも画期的ですし、画面も大きくて機能も充実とあれば、誰もが一台は欲しいものです。
携帯電話のメールは確かに華やかに飾ることも出来ますが、ジビネスでは全く意味はありません。
個人でメールに大金を支払う人は、そろそろ考え方も変わってくるでしょう。

名刺管理もスマートフォンだと画像化してデータベースに出来るので、大変便利ですよね。

セカンドピアスの安心ケア方法
石鹸の泡をピアスホールの付近に付けてピアスを前後にずらしたりクルクル回転
www.nadeshiko-st.com/

«
»