日本のアニメ

現在世界で放映されているアニメの量の6割が日本製のアニメだと言われています。
日本はアニメの工場だと言っても過言ではないと思います。

現在アニメ産業にもなっていて、世界各国に輸出されています。例えば、アメリカ、中国、インド、フランスなど。
アニメは特に子供たちの間で人気がありますが、単にエンターテインメントの1つとして考えたら甘いと思います。

小さい頃から受け入れた文化は将来にも影響があるのでしょう。
なので、日本の文化侵略との配慮をし、いくつの国で制限もされています。

実は、日本のアニメには、人を励ますいい作品がある一方、セクシャルと暴力をあらわす作品もたくさんいます。
子供に見せる時、よく選んだほうがいいと思います。
選ぶのは親の役割でもあり、責任でもあるのです。

アニメの内容を批判してもストーリーや描写が変わるわけではないので、出来上がった作品に注文を付けることは、はっきり言って時間のムダですよね。
次回に作者やスタッフが、どういう内容を発表するかということに期待をするべきです。

海外でも特にアメリカではアメコミという文化があり、実写映画化されて大ヒットしている作品も多数あります。
日本と米国では、ストーリーの展開の速さが違いますが、どちらが良いかではなく、どちらも良いところはどこかという視点で見ることが大切なのではないでしょうかね。

«
»